投信積立4月3週目 米国は日本の10倍くらいらしい。

投資信託つみたて状況・2021年4月3週目

 米国株価は3月末あたりから、多少下げる日はあるものの上昇を続けて、S&P500指数は4200ポイントに迫る勢いです。
 ダウ平均株価は3万4千ドルを突破しました。
 懸念されていた米10年国債の利回りは1.5%台まで下がっています。

 米国では新型コロナワクチンの接種が進んでおり、感染の鎮静化と経済対策への期待が高まっているようです。

 米国の新規感染者数はピーク時よりは減少したとはいえ、連日数万人と、日本の10倍以上なんですが…。

 報道の自由って、素敵やん…。

4月3週目 投信積み立て残高

ファンド名投資総額時価総額損益(金額)損益(%)
eMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
81,00090,1839,18311.34%
eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
40,00044,1414,14110.35%
eMAXIS Slim
先進国債券インデックス
5,0005,052521.04%
楽天・全米株式
インデックス・ファンド
16,66517,7591,0946.56%
合計142,665157,13514,47010.14%
前週142,665155,35712,6928.90%
前週との差額01,7781,7781.25%
2021.4.17 楽天証券の投信積み立て残高

 好調な米国株価によって僕の投信残高も膨らみ続けて、含み益の合計は10%を超えました。

 やはり米国株式(S&P500)のリターンが高く、個別株の投資でこのファンドのリターンを上回るのは容易ではないようです。

損益の推移グラフ

2021.04.17 週毎の損益推移グラフ

 3月4週目から1月足らずで、含み利益は倍に増えました。

 金額はまだまだ小さなものですが、投信積立は少額でも積み重ねていくことが大切ですね。

 もっとも、4カ月の投資総額で僕の月収くらいになっているので、比率では少額ではないのですが。

4月3週目 まとめ

 このまま株価の上昇が続くようだと、下がった時に追加で投資できるように余剰資金を残して~なんて言ってないで、さっさとぶっこんだ方が良い結果になるのですが…上がり続けているときに乗り遅れまいと焦って入ると、高値掴みするんですよねぇ。

 ちなみに、SBI証券の投信損益は758,338円のプラスでした。
 先週から28千円ほど増えました。

 次週の運用状況はこちら。

 前回の運用状況はこちらのページになっております。

なぜ僕がそのファンドに投資するのかについては、こちらのページで解説しています。→こちら

※これはあくまでも、やすふじ個人の投資状況であり、投資を推奨するものではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました